It is exclusively apply to handsome man.(ただしイケメンに限る)

「今日の英文はこれネ!」 It is exclusively apply to handsome man./ただしイケメンに限る. 「提督はイケメンだからだいたい許されるわね!」 「 exclusively は 排他的に って訳もあるけど、 専用に/まったく〇〇だけで みたいな使い方もシマース」

Pop is familiar with attack spells, as well as healing spells(ポップは攻撃呪文だけではなく、回復呪文にも精通している)

「なんか、あり得ないほど時間が開いた気がするけど気のせいかしら」 「きっと、テイトクも私たちのことを思い出してくれたネー」 「気を取り直して金剛さん、今日はどんな英語を教えてくれるのかしら?」 「ソウネ、こんなのはドー?」 Pop is familiar with attack spells, as well as healing spells./ポップは攻撃呪文だけではなく、回復呪文にも精通している. 「あ、これ分かるわ。ダイの大冒険ね! 電が良く読んでたもの」 「Correct! 彼は大魔導士だから魔法使いには使えない魔法も使えるデスヨ」 「そうなのです! でも彼は賢者じゃなくてあくまで大魔導士なのです! これは師匠のマトリフから引き継いだもので… 」 「な、なんかすごい勢いで通りすがりの電が語り始めたけど、そのまま進めて大丈夫よ、金剛さん」 「イナズマはこの作品が大好きなのデスネ。それはそうとこの英文には2つの重要な表現がありマス」 「一つは~に精通している/親しみがあるっていうbe familar withね」 「前にも教えた表現ね」 「えへへ、じゃあ、もう一つはA as well as B?」 「Correct! andと似たような使い方だけど、こっちのほうがAだけではなくBもみたいな強調のニュアンスが入るネ」

レビュー:TOEICテストにでる単600語[600点レベル]

「日本侮れないデス。。。」 「どうしたの? 金剛さん」 「テイトクがカワイイ女の子が表紙の本を読んでたので、取り上げたんデスが中々ドーシテ、よくできた英単語張でした」 TOEICテストにでる単600語[600点レベル](Kindle版)   TOEICテストにでる単600語[600点レベル] 「へー、あ、音声も付いてるのね。声は。。。ってえ!? これ吹雪じゃないかしら?」 「ワタシもそう思ったのデスガ、”上坂すみれ”という方らしいデス」 「似てる声ってあるのね。あ、でも英語の部分は外人さんなのね」 「そこがいいのデス。英語部分はアメリカ人の発音で、日本語役や解説がブッキー似の娘なので、ネイティブの発音が身に付く上に、可愛らし声でとてもやる気になるのデース!」 「確かに英単語を無機質に覚えるのって、なかなか大変だけど、この声があると癒されるわね」 「内容も中々良いです。TOEICって英語の試験で良く出る単語を集めてるみたいデスガ、本当に必須単語ばかりで足元固めには最適デース。逆に中級者以上は少し物足りないかもしれないデスガ、その場合も”シャドーイング“の教材としてなかなか良いデス!」 「著者の“森田鉄也”って人、他にもいろんなTOEICの本を書いてる有名人みたいね」 「ただ、日本だと”トーイック”って発音することが多いのに”トイック”って発音するブッキー似の子もあざとカワイイのデスガ。。。」 「ですか?」 「この声を聴いてると”なんでロシア語じゃなくて英語の学習本なんだろう?”という不思議な疑問がこみ上げてくるのデース」 「それは確かに不思議だけど、何故かわかるわ….」

Expelled from Paradise

「Angelaちゃん、かわいかったなぁ」 . 「あら、電。何視てるの?」 「あ、暁ちゃん。これを見てたのです!」 Expelled from Paradise 「ああ、楽園追放ね。私は映画館で見たけど良かったわよね…って英語!?」 「暁ちゃんも見たことあるのです? Frontier Setterが”moral code”って言いながら助けに来るシーンのあたりとかAngelaちゃんがすごくかわいかった思うのです!」 「(どこのシーンかしら。。。)う、うん。わたしもそう思うわ。」 「カワイイだけじゃなくて、敵のロボットと戦うシーンもとてもカッコよかったですー」 「(ロボットと戦う? あ、クライマックスあたりね。)そうね。アクションシーンも良かったわね。」 「個人的には、ディンゴには悪いけど、アンジェラがフロンティアセッターの申し出を断らないで一緒に宇宙に行くのも見てみたかったわね」 「断る? 宇宙? あ、そういえば最後に飛んでたロケットもカッコよかったのです!」 「(もしかして、ほとんど英語が分からなかったんじゃ。。。)」

I'll eradicate every single one of them from the world!(駆逐してやる・・・この世から・・・ 一匹・・・残らず!!)

「金剛さん、電が、昨日こんなこと、呟いてたんだけど、どういう意味かしら?」 I'll eradicate every single one of them from the world! 「Oh, これは “駆逐してやる・・・この世から・・・ 一匹・・・残らず!” って意味ネー」 「進撃の巨人ね。なるほど、たしかに昨日そんな感じの読んでたわね」 「せっかくだから、今日はこの英文について解説するネー。雷は willがどう言う意味か知ってマスカー?」 「もちろん! たしか未来系にする助動詞よね? will + 動詞の原型 で未来のことを表すのよね?」 「Correct! よく勉強していマスネ。 ここでの will は特に意思未来と言って、 “~するつもり” という表現にナルネー」 「なるほど。そういえば、 will は be going to に置き換えれるはずだから、I’m going to eradicate every single one of them from the world! でも良いのかな?」 「ウーン、それはちょっと違うデース。be going to でも意思未来は表せるけどニュアンスが違いマース」 「どう違うの?」 「will はその場で決めた意思表明に使いマース。対して be going to は前々から決まってた事を話すときに使うネ。このシーンではエレンは巨人への怒りから駆逐を決意するので、will が適切ネー」

Attack on Titan 1(進撃の巨人)

「うう、こんな大きな巨人が鎮守府に攻めてきたらどうしよう…」 「あら、電。何読んでるの?」 「あ、暁ちゃん。これなのです」 Attack on Titan 1 (English Edition) 「マンガ読んでたのね。って、あれ、これもしかして英語?」 「そうです。MANGAは海外でもそれ単独でジャンルがあるし、英語版もいっぱい出版されてるのです!」 「も、もちろんレディである私はそのくらい知ってたわ! 。。。で何を読んでるの?」 「Attack on Titan。進撃の巨人の巨人なのです。前に雷ちゃんとアニメは見てたんですけど、原作コミックは読んでなかったので」 「ふーん、でもどうして英語で? 別に読みたかったら、普通に日本語で読めばいいじゃない?」 「最近、暁ちゃん、英語の勉強始めたじゃないですか? それに触発されて私も勉強しようと思ったのですが。。。」 「勉強し始めたけど、すぐに力尽きてしまった、と…」 「面目ないです… でも、マンガ読むのは好きなので、MANGAなら続けれると思うのです!」 「でも、洋書なんて大きな本屋さんに行かないとないでしょ? 鎮守府の近くにあったかしら」 「そこは大丈夫なのです! 今は電子書籍があるのです。KindleやKobo, BookWalker(iOS/Android)があれば、 いつでもどこでも買えるです!」 「便利な時代になったものね。でも、勉強が必要なくらい知らない言語で書かれた本なんて読めるの? 辞書片手に読んだら楽しく無いでしょうし」 「大丈夫なのです! MANGAは世界共通言語なのです! ちゃんと電にも読めました!」 「じゃあ、どんな内容だったの?」 「巨人が表れて、街を蹂躙していくことはわかりました。あとErenが “I’ll eradicate every single one of them from the world.” って言ったのです」 「(…大半は絵を見て分かった内容の気がするわね)」 「この勢いでたくさん読んで雷ちゃんより早く英語を覚えるのです。電の本気を見るのです!」

Make a contract with me, and become a Magical Girl!(ボクと契約して、魔法少女になってよ!)

「金剛さん、今日はどんな英語を教えてくれるの?」 「ソウデスネ… こんなのはどうデスカ?」 Make a contract with me, and become a Magical Girl! 「マジカルガール? ま、魔法少女かしら」 「Correct! “ボクと契約して、魔法少女になってよ!” って意味デース!」 「あ、それ知ってる! まどかマギカでしょ!? 毎週見てたわ」 「そうデース! /人◕◡◡◕人\の有名なセリフデスネー」 「魔法少女にはちょっと憧れるけど、キュゥべえと契約するのは嫌ね」 「この英文では 命令文 というを使ってるネ。make は日本だと 作る って意味で考えがちだけど、 今回みたいに 契約をする みたいな時にもよく使うネー」 「なるほど」 「become○○ は ○○になる っていう表現ネー。」 「じゃあ、“私は改2になる” だと “I become a Kai 2.” かしら?」 「Good job! ちなみに、すでに改2になってるなら過去形の became に変えて “I became a Kai 2” “私は改2になった” とすれば良いネー。」

レビュー:「きんいろモザイク」と英語レッスン

「うーん、やっぱりカレンって、金剛さんになんか似てわね」 「Hey, 暁!呼びましたか?」 「わっ、こ、金剛さん! いえ、呼んだというか、ちょっとこの本に金剛さんみたいな人がいるなー、と」 「きんいろモザイク」と英語レッスン 「Oh, 『きんいろモザイク』の本ですカー。実はカレンちゃんとは、声まで似てマース」 「え!? 知ってるんですか!?」 「当然デース。イギリスと日本の国際交流のために時々意見交換してるデース。そういえば今度本を出すって言ってましたネー」 「すごいわ! 国際交流とかなんだかとってもレディな響きがするわ!」 「内容はどんな感じでしたカー? 今度あったら感想を伝えとくネー」 「『きんいろモザイク』のアニメ1期の内容を元にオーディオコメンタリーみたいにシーンを振り返りながら、英文を勉強していく感じだったわ」 「なるほどデース。たしかに英文法や英単語を重視してると言うより、日常会話で使う言葉が中心になってるネー」 「そうなの。時間を聞く時は What time is it now? って聞くよりも Do you have the time? って言ったほうがより大人のレディっぽく聞こえるって分かったわ」 「大人のレディかは分からないデスが、確かにそっちの方がよく使いますネー」 「他にも have to と must はどちらも同じ意味で覚えてたけど、結構ニュアンスが違うことや、直訳では意味が通らない言葉 も多いことを知ることができたわね」 「あー、直訳じゃない言葉はありマスネー。ワタシも日本に来たころ『よろしくおねがいします』の意味が分からなくてコマリマシター」 「ちょうど、今、アニメの2期もやってるし、1期の復習もかねて丁度よかったわね。文法を学ぶという本というよりニュアンスや表現を学ぶと割り切れば結構良いんじゃないかしら?」

Recently young people are familiar with battleships.(最近、若者は戦艦について詳しい)

「ねえ、金剛さんってイギリス生まれなんだよね?」 「Yes! 私は英国で産まれた帰国子女デース!」 「じゃあ、私に英語教えてくれない? 最近、暁が勉強し始めたみたいだから負けたくないのよ」 「Sure! いい心がけネー.じゃあ、馴染み深そうなのからいきマース」 I don't know why, but recently young people are familiar with battleships. 「あ、あいどんのー わい え..と ばとるしっぷ?」 「“何故かわからないけど、最近の若者は戦艦について詳しい” って意味デース!」 「も、もちろんそういう意味だって分かったわ」 「“I don’t know why, but + 文” は “何故かわからないけど○○だ” って意味ときに使う表現ネー」 「な、なるほど」 「“be familiar with + 名詞” は “○○について詳しい、精通してる” って意味ときに使うデース。英語のテストや日常会話でも良く使われる英文なので丸暗記しとくと良いネー」 「ありがとう。覚えておくわ。ちなみに戦艦じゃなくて駆逐艦はなんで言うの?」 「駆逐艦は“destroyer”ネー」 「デ、デストロイヤー!? ちょっとカッコイイかも…」

レビュー:ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる: 大人向け次世代型教科書

「ケンってばホントひどい奴ね!レディの気持ちが全然分かってないわ。」 「暁ちゃん、何読んでるの?」 「これよ」 ミライ系NEW HORIZONでもう一度英語をやってみる: 大人向け次世代型教科書 「一人前のレディとして大人向けの英語の教科書を読んでたのよ!」 「へー、中学生向けの英語の教科書で有名なNEW HORIZONのアフターストーリーなんだね」 「NEW HORAIZONで活躍したケンが久しぶりに日本に戻ってマイクやユミと出会う。そこにケンの高校の友人のルーシも押しかけてきて…!? って感じのストーリーね」 「え、えと、それなんてエロゲ?」 「まあラノベ的な三角関係展開ではあるわね。中学生くらいの簡単な英文だし、ツマンない教科書英文と違ってスラスラ読めて良かったわ」 「へぇー、教材として見た時はどうなの?」 「文法の解説もあるし、比較的短くて読みやすいから音読やシャドーイングの教材としては優秀だと思うわよ。」 「面白く無い英文だと、情景を思い浮かべながら音読するって結構難しいもんね。あ、音声がHPからダウンロードできるだね」 「本にかざすとARで動くスマホアプリもあるわ。私もルーシーみたいな素敵なレディになるために、しっかりと読まないと!」